メインイメージ

廃車とスクラップの違い

廃車とスクラップの違いについて


廃車とスクラップは厳密に言えば違います。物理的に鉄くずなどにしたものは確かに自動車としては利用できませんが、その名義自体はまだ運輸支局などに残っていることに注意をする必要があります。

そのため、もしスクラップ、鉄くずにした自動車をそのまま放置している場合は、自動車税が課税されてきてびっくりする人もいます。この場合、運輸支局での抹消登録の申請及び処理がなされていないために、名義が残っていることからそのまま課税されるという流れになっています。

つまり物理的に廃車にしたと言っても名義がそのままになっていることは望ましい状態ではありませんし、できるだけ早めに廃車登録より正確には抹消登録を行う必要があります。

もしスクラップにした時にナンバープレートも一緒に鉄くずにした場合が考えられますが、この場合は運輸支局などで事前に相談してどういった書類が必要なのかを確認する必要があります。一般の抹消登録ではなく、永久抹消と言ってその自動車の車体番号やナンバープレートが二度と使えないという内容の抹消登録手続きをすることになります。

こういった廃車については、通常の抹消登録申請とは提出する書類が異なりますので、事前の相談が必要不可欠となります。ただ、慣れている自動車業者や行政書士などは事情を話して正式に依頼すれば、手数料はいくらか必要ですが迅速に処理をしてもらえるので、依頼してすべてを任せるのも一つの方法です。

なお、永久抹消もいわゆる廃車ですし、抹消登録に違いはありませんので、自動車税なども抹消月までの納税でよくなります。そのため、もし納税済みであれば抹消した月までの納税で済みますから、抹消した月の翌月分から3月分までを月割りで還付するという流れになりますので、いずれ都道府県税事務所から金券のようなものなどが送付されてきて、換金手続きをしてくださいと申請用紙などが来ます。

一般的には銀行などの金融機関窓口に行って、そこでその金券と引き換えに自動車税が還付されるという流れになりますが、その金融機関などは指定されている場合があり、抹消登録後に引っ越しなどで他県などに行ってしまった場合には、その指定された金融機関が近くにない場合もありますので、その場合は金券を送付してきた都道府県税事務所に連絡をとって、どこで換金ができるのかを尋ねる必要がある場合もあります。郵便局などでも換金ができるところもありますし、地方銀行などでしかできないところもあります。

Copyright©2017 廃車買取を活用して高く買い取ってもらうためにAll Rights Reserved.