メインイメージ

廃車手続きを依頼する時

廃車手続きを依頼する時の「書類」って?


自動車の所有権をなくし、廃車として手続きを完了させるまでにはさまざまな書類が必要ということになります。これは日本の法律の中で自動車が所有者にとっての財産として認められているからであり、所有者が自身の意思で所有権を放棄するというような場合には、それが確かなものであることを証明するためにさまざまなものが必要になるのです。

では一般的な廃車、つまり「二度とこの車を使用することはない」という意味で行われる「永久抹消登録」で必要になる書類はどういったものなのでしょうか。
まず必ず必要になるのが「所有者の印鑑証明書」です。手続きが完了するまでには実印の捺印などを行う必要が出てきますが、自動車は高額な財産であることがほとんどであるため、認印などによる手続きは基本的に認められていません。

捺印に用いられるのは実印となるため、使用された実印が印鑑登録をされているものと同一であるということを証明するために、印鑑証明書が必ず必要となります。

次に必要になるのが車検証とナンバープレートです。通常、車検証は車検が完了した後に自動車に常に保管しておくように定められていますから、廃車にする場合には工場に運ぶ前に事前に回収して置くように心がけましょう。

お店に廃車手続きを依頼するというような場合には、ナンバープレートの取り外しは業者のほうで行ってもらえるのがほとんどです。もし車検証やナンバープレートを紛失しているというような場合にはその理由を「理由書」に書いて提出する必要が出てきますから気をつけましょう。

これらと同様、廃車手続きを行ううえで欠かせないのが「移動報告番号」と「解体報告記録がされた日の情報」です。移動報告番号とは自動車リサイクル法に基づくリサイクル料を支払っているということを証明する「リサイクル券」に記載される情報となっていますから、リサイクル券を紛失しないように保管しておきましょう。

買いたい報告記録がされた日の情報については、解体作業が完了したという報告が消費者に対して行われた日の情報ということになります。電話報告にしろ書面での報告にしろ、手続きの際には忘れないようにしましょう。

最後に必要になるのが、所有者の委任状とよばれるものです。これは廃車に必要な作業を業者に対して依頼する際、「所有者が理解したうえで権利を委任している」ということを示す非常に重要な書類です。

廃車の手続きを行っている業者であればほとんどの場合は書式を用意していますから、手渡された後には無くさないように大切にしなくてはなりません。またこの委任状には「所有者の実印による捺印」が必要になります。ここで認印などを使用してしまうとその委任状は無効ということになってしまいますから、かならず実印を使用するように心がけましょう。

Copyright©2017 廃車買取を活用して高く買い取ってもらうためにAll Rights Reserved.