メインイメージ

廃車にする「金額」って?

自動車を廃車にする際の「金額」って?


すでに使用しなくなった自動車や、使用することの出来なくなってしまった自動車を処分したいというような場合には「廃車」にせざるを得ないケースがあります。

もちろん可能なのであれば下取りや、買取に出すことで現金化をしたいところとなりますが、現実的には中古車としては価値のない自動車として判断されてしまうものもあるのです。

そうした場合にはただ所有していても自動車税がかかるだけというようなことになりますから、手放して廃車にしてしまうのが最も効率的だということになるでしょう。

ですが自動車を廃車にするというような場合に気になるポイントとなるのが「廃車にかかる費用の金額」です。

現代ではゴミを出すのにさえお金がかかるようになっていますから、当然ながら無料で廃車にするというようなことは出来ません。では実際にはどれくらいの金額が必要になるのかと言うと、これはケースによって若干変わってきます。

ですが必ず費用が発生することとなるのが「リサイクル料金」と「抹消登録費用」の二つです。リサイクル料金とは自動車を廃車とする際、自動車の中に含まれるエアバッグやフロンガスなどを適切にリサイクルするために必要な費用として、国の「自動車リサイクル法」によって支払いが義務付けられています。
国産の軽自動車であれば8000円、国産の普通車であれば10000円、外国車であれば15000円、大型車であれば20000円というのが基本です。

しかしながらこうした費用は基本的には新車購入時、事前に支払っておくというケースがほとんどです。中古車として自動車を購入したという場合であっても、リサイクル料金を支払ったことを証明するリサイクル券が引き渡されていますから、そのリサイクル券を提示すれば、新たにリサイクル料金を支払う必要はありません。

しかし自動車リサイクル方が施行されるよりも以前に購入した自動車の場合はリサイクル料金を支払っていない可能性がありますので、そうした場合は廃車時に支払う必要があるでしょう。

抹消登録費用は永久抹消登録、つまり「二度とこの車は使用しません」ということで手続きを踏むのであれば、用紙代として100円程度がかかることとなります。

これは地域にある陸運局などで手続きを行うことが可能ですが、専用の書式であるために不慣れな場合は手間取ることもあるでしょう。
そうした手間を嫌うのであれば、業者や行政書士に依頼することも可能です。業者や行政書士に手続きを依頼するという場合には2000円から10000円程度の費用がかかってきますので、注意しましょう。

また解体業者に自動車を引き取りに来てもらうという場合には、ここまでの費用に「引き取り費用」として10000円前後がかかることとなります。ケースに応じて廃車手続きが完了するまでに必要な金額は変わってきますから、手続きを踏む前に自身である程度計算をするようにしておきましょう。

Copyright©2014 廃車買取を活用して高く買い取ってもらうためにAll Rights Reserved.